» お取り寄せ日記 秋田・男鹿の お取り寄せ ブログ

電話受付時間10:00~19:00
0185-25-3535
FAX番号 注文用紙

豚軟骨パイカ串

お取り寄せ日記

お取り寄せ日記

1 / 3123

2015年10月19日

チョコマフィンとナッツキャラレーヌ 秋田県大館市 アマリリスしんこや

カテゴリー: お取り寄せ日記, 秋田 — おがよし商店

先日、秋田県大館市の大町商店街通り沿いにあるケーキ屋さんのマフィンや焼き菓子などをいただきました。

マフィンはチョコレート、チーズ、抹茶、ブルーベリー、キャラメル等をいただいたのですが、個人的にはその中のチョコレートマフィンが絶品、しっとりと食べごたえがあってハマってしまいました。

チョコレートマフィン

こういう焼き菓子って材料にいい物を使うのはもちろんだとは思うのですが、材料の比率とかも大切ですよね、甘さや食感が個人的に絶妙でツボでした。いただいた相手方は、いつも頂き物に気を使ってくださる方なので、やはり、セレクト力はさすがだな、と思いました。

ナッツキャラレーヌ

焼き菓子のナッツキャラレーヌも美味しすぎます、底にはフルーツジャムの隠し味、ペロリと平らげてしまいました。10月の中旬にいただいて、11/05まで日持ちするので、このクオリティならお土産にも喜ばれそうです。良いお土産物を発見できて嬉しくなりました。

お店のWEBサイトを見ますと、定番商品のロールケーキ「太すぎたロール」とやらも気になりますね…。しかもどの商品もリーズナブルな価格。これらの商品を都内で売ったらこの値段ではできませんよね、大館市スイーツ恐るべし!秋田県内のスイーツも探して極めてみると奥が深そうです。

■アマリリス しんこや(株式会社しんこや)公式サイト

http://yp.mic.ne.jp/~shinkoya/

2015年10月18日

シチリア島産の生ピスタチオ イタリアの高級ナッツ

カテゴリー: お取り寄せ日記 — おがよし商店

シチリア島ピスタチオ

シチリア島産の殻無し生ピスタチオを友人からいただきました。個人的にナッツ系は大好きなのですが、その中でもピスタチオには目が無いくらい大好物です。

生でも風味があって美味しいのですが、ここはやはりビールのおつまみに…、フライパンで好みに素焼きで炒ってローストし(中火で5分くらい)、いただいてみました。

殻無しピスタチオ

一口、口の中に入れた瞬間、濃厚な素材の甘さ・旨味とピスタチオの芳香な風味! 何なんだ、このピスタチオは…! 塩などの何の味付けもしてないのにナッツの味が濃い! 市販品で売られている殻つきのローストピスタチオとはまるで違いますね…。イラン産でもアメリカ産でも無い、イタリア・シチリア島産の物なんですよ、奥さん!(石立鉄男風に)

大量にローストして、冷暗所に置いておけば、風味は2~3日続きます。小腹が減った時にも重宝しますね。殻が無いからと言って、風味が落ちるかと思っていたのですが、むしろその逆、いい意味で裏切られました。

購入先は、札幌市のチーズマーケットさんです。輸入チーズを中心に販売をされているようですが、ホームページを見たところ、このピスタチオも相当なこだわりがあって輸入されているようです。

アーモンドやカシュ―ナッツ等、個人的には素焼きの物が好みでよく食べています。ピスタチオもやはり塩なしの素焼き(素炒り)が好きでよく買って食べていますが…。このシチリア島産の殻無し剥きピスタチオは、ワンランク上ですね。恐れいりました。。

例えば、大事なお客さんのつきだし等に、柿ピーやスナック菓子ではなく、これを差し出してみるとか、バー等でもお客さんに出すと喜ばれそうです。また、殻が無いので食べやすいですし、緑と紫色のコントラストも高級感があり目を引きます。真空パックで到着しますので、日持ちもして助かりますね。

海外にも目を向けるとお取り寄せの世界はさらに広がります。ご馳走さまでした。

■チーズマーケットさん公式サイト

http://www.cheesemarket.jp/index2.html

2013年2月21日

阿闍梨餅(あじゃりもち)

カテゴリー: お取り寄せ日記, 京都 — おがよし商店

阿闍梨餅(あじゃりもち)

同僚から、京都土産に阿闍梨餅(あじゃりもち)を頂きました。
「京都と言えばヤツハシって定番じゃ申し訳なくて…」と店頭で並んで買ってきてくれたようです。それだけ人気なんだとか。

ふーん、ありがとう、とただの饅頭くらいに思って次の日に小腹がすいたからとなにげなく食べたのですが、・・・これが美味いっ!
薄皮の風味とアンコのバランスが最高ですね。トースターで軽く焦がして食べてもまたこれが美味しい~。やめられない止まらない味なんです。パリパリの薄皮の香ばしい大判焼き(回転焼き・今川焼)を食べている感覚なんです。

これはもうリピ決定ですね。京都へ行った際のお土産は、阿闍梨餅で決まりですね。これは喜ばれますよ。あー、また食べたい。

それにしてもアジャリと聞くと「卒業」を思い出すのは私だけでしょうか(あー、古い)。

2012年10月5日

秋田の漬物 なす漬 の販売を開始しました

カテゴリー: お取り寄せ日記, 商品紹介, 新着ニュース, 秋田 — おがよし商店

茄子の漬物

秋田の漬物 なす漬 の販売を開始しました

茄子(なす)の漬け物はこちらです

2012年9月3日

とうもろこし(嶽きみ)青森県岩木山

カテゴリー: お取り寄せ日記, 青森 — おがよし商店

とうもろこし 嶽きみ

青森県弘前市産のとうもろこしを実家からいただきました!

子どもの頃から食べてはいたのですが、大人になるにつれ、随分とボイルされた素のとうもろこしは食べていませんでしたが、改めて食すとやはり甘みがすごいっ。

いや~記憶がよみがえりました。なんなんでしょうか、この甘さは。何でも糖度が高く、かといって砂糖の甘さではない、自然の甘みなんですね。もぎたてを発送してくれるため、もちろんトウモロコシの風味はぷ~んと漂います。

この品種「嶽きみ(だけきみ)」は岩木山周辺の嶽高原で取れる独自のとうもろこしなんだそうです。以下、メーカーの冊子引用です。

—↓

青森県弘前市(旧岩木町地区)岩木山麗の嶽高原で収穫されるとうもろこしを「嶽きみ」と言います。朝晩の寒暖の差が大きいため、甘くてみずみずしいのが特徴です。また当農園では新鮮さにこだわり、発送にあわせてもぎたてを箱詰めしているため、到着後すぐに召し上がっていただくことをおススメいたします。
注意:)鮮度が落ちますと甘さも落ちます。要冷蔵で2~3日中にお召し上がりください。

—↑

母親いわく、「なつかしいやろー、君だけに嶽きみやでー」と電話越し。

・・・。

生産者さんは、小田桐農園さんというところです。来年も購入決定ですね。

2012年5月6日

サザコーヒーのアイスコーヒー

カテゴリー: お取り寄せ日記, 茨城 — おがよし商店

サザコーヒー

昨年、お知り合いからいただいた茨城県で展開しているコーヒーブランド、サザコーヒーのドリップアイスコーヒーをいただきました。

これは美味しい。。カブカブ飲めちゃいます。コーヒーを大量に飲むのが苦手なんですが、これは胃がいたくならないです(個人の感想です…)。カフェインやタンニンの量が控えめ??

聞いたところによるとこのサザの創業者のコンセプトらしいのですが、「日本人による日本人のためのコーヒー」だということです。メーカーのHPにも「これは美味いハズです」と書いてあります。そこまでの自信もうなづけそうです。

写真はお気に入りの「うすはりグラス」で注いで飲んでいる様子です。賞味期限は未開封で6ヶ月くらい持つのでうれしいです。やはり開けたてを入れるのが一番うまい!開封後は早目に飲むのがよさそうです。注ぎ口はキャップ付です。

これからの季節、このアイスパックはリピ決定ですね。ワンランク上のガラスボトル瓶に入ったやつも試してみたいです。お店自体は水戸を中心に展開していますが、都内だと二子玉川の店舗もあるので、ご興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

日本の老舗コーヒーブランドも調べてみると奥が深そうです。

サザコーヒー SAZA COFFEE

http://www.saza.co.jp/

2012年1月26日

大根のなた漬け(鉈漬け)の販売を開始しました。

カテゴリー: お取り寄せ日記, 秋田 — おがよし商店

大根の鉈漬け 秋田

秋田県の伝統的な漬け物(がっこ)、大根の鉈(なた)漬けの販売を開始しました。
べったら漬けほど甘くなく、塩加減も甘みも優しい感じに仕上がっております。

地元秋田県、美雪お母さん秘伝の味です。秋田県の漬け物は、その土地土地の風土や生産者さんの味がそれぞれに個性があり、今回紹介するナタ漬けも自信を持って紹介できる一品です。

⇒秋田の漬け物 大根の鉈漬けはこちらから

当店名産の顔ぶれの一員としてこれからよろしくお願い致します。

2010年10月14日

男鹿の焼きそば 販売を開始しました

カテゴリー: お取り寄せ日記, 新着ニュース, 秋田 — おがよし商店

男鹿の焼きそば、他商品2点(漬け物わかさぎ)の販売を開始しました。
新たな秋田新名物「男鹿のやきそば」をよろしくお願い致します。

2010年4月26日

手作り最中 ふくみ天平

カテゴリー: お取り寄せ日記, 滋賀 — おがよし商店

お知り合いから滋賀県近江八幡市の名物お菓子、ふくみ天平(てんぴん)という最中をいただきました!
写真のご覧のとおり、最中の皮とお餅の入った粒餡が別々に包装されており、「お召し上がりの直前に、餡を最中種にはさんでお召し上がりください。」と書いてあります。

いやー、このアイデアは中々よいですね。最中の皮のさくさく・パリパリ感がなんとも香ばしく、中の餡子であるお餅入りの粒餡も大変美味しいです。

最中は普段好んで食べないのですが、これは違います。目からウロコの一品ですね。
調べたところ、この直前に“はさんで食べる”「手作り最中」というジャンルがあり、いろいろな商品が全国にあるようです。うーん、和菓子スイーツも奥が深い!

たねや https://shop.taneya.co.jp/shop/c/c1004/

2010年3月28日

海鮮ハタハタ麹漬

カテゴリー: お取り寄せ日記, 新着ニュース, 秋田 — おがよし商店

海鮮ハタハタ麹漬の販売を再開しました。

http://www.ogayoshi.com/hatahata/hatahata_kouji.htm

ドレスはたはた三五八漬 や 子持ちはたはた三五八漬

とともにどうぞよろしくお願い致します。

1 / 3123

ページの先頭へ